Concierge 手取川クリニック 相談室
[初めのとびらに戻る] [必ずお読みください] [管理用]
お名前
地域   イメージ   [アイコン参照]
メッセージ

   削除キー (記事削除時に使用)
クッキーを保存



[608] かいちゃん [白山] 2021/01/18(Mon) 08:24
院長先生 
お忙しい中ご回答いただきありがとうございます。
6週になってから受診させていただこうと思います。








[607] かいちゃん [白山] 2021/01/14(Thu) 09:46
院長先生 こんにちは
2人目妊娠希望でなかなかさずからず、受診したところ基礎体温は2層になっており、排卵はあると診断されました。それでもタイミング法でさずかりませんでした。血液検査の結果ホルモンバランスに問題があり妊娠が継続できないかもしれない。との診断をうけ、カバサールとクロミッドを服用しました。この度妊娠の可能性があり、無痛分娩の設備の整った貴院への受診を考えております。現在5週前半かと思われます。ホルモンバランスによって妊娠が継続できない可能性がある場合、早めに受診すると薬等で防げるのでしょうか?または心拍を確認できる6週ごろの受診で良いのでしょうか?

かいちゃんさん、こんにちは。

よく、「ホルモンバランス」という言葉が使われますが、実際には意味不明で、私は使ったことがありません。
妊娠初期には、黄体機能不全が主として問題になりますが、自然に妊娠されたのであれば、さほど心配される必要はないと考えます。
受診は、6週頃でも、特に問題はありません。
胎児心拍が確認できるようになる妊娠6週、もしくは卵黄嚢が確認できる妊娠5週中頃以前の受診では、妊娠していることの確認はできますが、流産かどうかや異所性妊娠(子宮外妊娠)の確認も困難なことがほとんどです。

[ From Voyatzky院長 ]








[606] みかん [能美] 2021/01/13(Wed) 05:49
望まない妊娠をした場合、そちらのクリニックでは中絶手術は可能ですか? 日帰り手術は可能ですか?

みかんさん、こんにちは。

事情をおうかがいし、妊娠週数、異常の有無等診察の上、術前検査を実施してから、手術予定を決めることになります。
日帰り手術については、妊娠週数によります。状況次第では入院が必要になることもあります。
詳しくは、受診の際にご説明させていただくことになります。

[ From Voyatzky院長 ]








[605] あお [白山] 2021/01/06(Wed) 19:19
先月そちらで出産した者です。退院時には母乳は滲むほどしか出ませんでした。今は少し出るようになり、なんとか混合で育てていますが母乳がどれだけ飲めているのか不安です。
もうすぐ1ヶ月健診があるのですが、その時に母乳量など計ってもらったり、ミルクの足す量などを聞くことはできますでしょうか?

あおさん、こんにちは。

1か月健診では、赤ちゃんも含めて健康なのかどうかや異常の有無を診るのはもちろんなのですが、あおさんが思っておられるような心配や不安を解消することも大事な健診内容です。
何でも心配や不安なことはお訊ねいただければと思います。
母乳に関しては、個人差は大きいですが、がんばって3か月ほどになってから完母になる方もおられます。
ご自分のペース、赤ちゃんのペースで気持ちにゆとりを持ってあせらずに対処されるのがいいと思います。

[ From Voyatzky院長 ]








[604] すず [福井県] 2021/01/04(Mon) 20:30
30歳 31週目(8ヶ月)の妊婦です。
そちらの産院では計画無痛分娩は実施されておりますでしょうか。
実は福井県で無痛分娩ができる産院が無くなってしまい、県外でも見ていたのですが、自宅から30分以上はかかるので、計画無痛分娩が出来る産院を探しております。

すずさん、こんにちは。

遠方であることは有利なことではありませんので、特に、急な出来事に対処しづらい遠方の場合には、誘発分娩での無痛が勧められます。
お訊ねの件は、もちろん可能なのですが、事前に知っておいていただきたいことがあります。

関連する話題が、過去ログ[520]、[531]にありますので、よろしければ参考になさってください。

[ From Voyatzky院長 ]








[603] ワンジュ [能美] 2020/12/21(Mon) 11:47
Dear先生
お忙しい中、丁寧なお返事感謝致します。
後悔しない選択肢を選びます!
お返事本当にありがとうございました!
また宜しくお願い致します。








[602] ワンジュ [能美] 2020/12/17(Thu) 09:41
私は32歳で、夫は44歳です。 3歳の息子がいます。
二人の年齢を考慮して、私たちはもう一人の赤ちゃんを産むことを計画していましたが、今コロナの状況なので、状況が良くなるのを待つ方がいいですか? (どのくらい?)
または今妊娠しても大丈夫ですか?

よろしくお願いします。

ワンジュさん、こんにちは。

誰にも今、どうするのが一番いいかのはわかりません。
いずれ、コロナワクチンを接種するかどうかを判断する時がやってくるでしょうが、妊娠していれば接種はためらわれるでしょう。
単純に先延ばしをすればいいのかもしれません。
妊娠とは関係なく、ワクチンを接種しない人もいるでしょうし、それで、かかる人もかからない人もいるでしょう。
接種してもかかるかもしれません。重症化しない保証などどこまでいってもないのです。
待っている間に時間は過ぎていきます。待ったからといって待っていた後に望んでいた未来が必ずそこにある保証もありません。
限られた人生の過ぎた時間は戻らないのです。
時間は巻き戻すことができません。その時によく考えて、後悔のない選択肢を選んでください。

戦争があっても大災害があっても、未来への命がつながれ今があります。
不謹慎ですが、このコロナの年で出生数が減り、子供の数が少なければ、社会的にはひとりひとり大切にしてもらえるでしょうし、将来受験でも有利に働くに違いありません。ただ、当たり障りなく言えば、コロナが落ち着いてからの妊活が無難ですと言うべきでしょうか。
正解と呼べる答えなどはないと思います。

[ From Voyatzky院長 ]








[601] リカ [金沢] 2020/12/02(Wed) 16:06
先生はじめまして。私は現在27歳でそろそろ妊活を始めようと思っています。お恥ずかしながら私は痛みにとても弱く、自分の子がほしい気持ちはあるのですが、出産された方の体験談などを聞いていると出産の痛みがとても怖く妊活できないまま結婚して3年ほど経ってしまいました。
そこで今は無痛分娩があると知り、妊娠した際にはこちらでぜひお願いしたいと思いました。
そこで質問なのですが、私は金沢市在住で病院までは30分ほどかかります。自宅から近い産婦人科のほうが安心だとは思うのですが無痛分娩で評価のいい病院はこちらでしたのでぜひ通いたいと思っています。
遠方から通っている方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?
また30分以上かかる病院でも緊急時や出産時などは問題ないのでしょうか?

宜しくお願い致します。

リカさん、こんにちは。

無痛分娩に限らず、病院までの距離は近いに越したことはありませんが、一般論としていえば30分程度であれば、問題は余りないと言えます。

極論を言えば、入院していても分娩室に間に合わなかったり、部屋のトイレで産まれてしまったりなどということがないわけではありません。
これは時間に関係なく突然進んでしまうという稀なケースであり、近いから遠いからではなく、予測を超えたところにあるので、こういったケースをなかなか完全にカバーすることはできません。

現実としては、富山、小矢部からだったり、福井からだったり、津幡、羽咋、宝達志水だったり、過去に遠方からの方でも問題なく無痛を受けられておられます。
ただし、やはり注意は必要で、よく相談しないといけません。朝や夕方の渋滞の時間帯がどうなのかとか、市街地か田舎なのか、運転手、雪なども関係します。

実際の場面では、『入院して部屋に入り、着替えて点滴(血管確保)をとって、医師がその場に来て無痛の処置を完了し、テスト量を投与して異常がないかを確認し、実際の投薬を始めてそれが効いてきて安定する』までには、相当急いでも早くできることとそうでないことがあるので、確実に1時間以上はかかります。日本中の無痛分娩をしている施設で、陣痛開始入院から、たったの1時間後には、もう安定した麻酔で落ち着いているなどという病院は、手取川クリニック以外では、そんなにはないと思います。
テストには10分、効いて安定するまでには30〜40分、この時間は削れません。
入院してきた時に相当痛みが出てきているとか、ひどくなるまでに時間の余裕がないと考え急いだ場合です。早くしてあげないといけない思うような限られた場合の話です。

ですので、来院までにかかる時間が不安なケースでは、早め早めに行動することが重要です。
また、特に経産婦では、破水により一気に進むことがありますから、強く無痛を希望されているケースでは、あらかじめ日を決めて誘発分娩を勧めることが多くなります。ある程度、子宮口が軟化して内診所見が良くなっていることが条件になります。
初産婦では、まずそんな進行はありませんので、もう少し時間的には余裕はあることが多いといえますが、絶対ではありませんので原則は同じです。

どうでしょうか、通常の来院で30分はかかるという方なら、4〜5人にひとり位はおられるような気がしますが。

[ From Voyatzky院長 ]








[600] Voyatzky院長 [ [川北] 2020/11/25(Wed) 19:27
私事で恐縮ですが、裏仕事で使っていたメインPCが壊れてしまい、本掲示板が更新できず1か月余り放置になってしまっていたことを深くお詫び申し上げます。

私Voyatzkyの裏作業では、女性の方にはなじみが少ないかもしれませんが,自作のPCを使っています。
過去にも何台かを組み立てたことがあり、病棟でも実際に使っています。
見る人が見たら、すぐわかると思います。
CPUやマザーボード、グラフィックボードなど、安くて性能の良い自分の思い通りの気に入ったパソコンを作ることができます。
医療関連のPCになると、実際の価格はそうでもないのに、なぜか医療機器と一部になるだけで、とんでもない高額になってしまいます。
特段に耐久性や信頼性には変わりがなく、その程度のものであればというか、医療用であっても民生品として一般流通しているものを使っているだけのものが多く、私的であっても同じ信頼性で十分構築できます。
調子が悪くなった時の対応も、わかっているので業者に頼らずに早く対応できるのも長所です。

もちろん、簡単に壊れることなどはなく、7〜8年間、そこそこの性能レベルで満足して使っていたのですが、今回、あるパーツをつないだ際に「ボン!」という破裂音がして、そのパーツが壊れた際にSSDのデータが壊れてしまい、読み出し不能に陥りました。

壊れ方が他にも及んでいることにも不安があり、もう何年も経っていたセットだったので、今回すべて新しくすることにしました。
ハードはともかく設定とソフト環境の復旧に大変時間がかかり、ご迷惑をおかけすることになってしまいました。
できるだけデータのバックアップは取るようにしていたつもりだったのですが、私的データに関しては今回見てみると、最後のはなんと昨年の12月22日(!)、”あ〜あ”です。特に消失したメール関連は深刻で、どなたかにご迷惑をおかけするかもしれません。

ちなみにですが、この手取川クリニックのHPも古さが目立ってきてしまいました。これは、私がフリー素材などを使って、絵や画像含めスクリプトを組んで、開院の頃に苦労してひとりで作ったもの(一部の写真を除いて)で、大変愛着があります。
どんどん技術が変わっていくので、どうしたものかと悩んでいます。

[ From Voyatzky院長 ]








[599] りんご [白山] 2020/11/21(Sat) 19:06
すみません。質問です。この度妊娠しました。最終月経は10月16日〜23日でした。ですが、コロナで私も主人も収入が減り育てるのは厳しいという結論になりました。いまは子供が2人います。
申し訳ないのですが、中絶費用と最初の検査の費用を教えて頂きたいです。お願いします。

りんごさん、こんにちは。

今のコロナ禍は業種によっては本当に大変な思いをされている方が多いと思います。
いろいろ悩まれての結論かと思います。

大変申し訳ありませんが、費用その他につきましては、受診の際、窓口にてお訊ねいただけますようお願いいたします。

[ From Voyatzky院長 ]








[598] まる [小松] 2020/11/18(Wed) 06:56
以前はお世話になりました。
産後10か月、生理が戻って半年ほどです。
今回、10/11に最後の生理がきて以来40日位経ちますが生理が来ません。産後基礎体温を測らず現在です。妊娠の可能性については生理予定日直前に1回だけです。(30日周期)昨日検査薬をしたところ陰性でした。
生理を起こす薬などいただたりするんでしょうか?妊娠の可能性を見るには日が足りないのでまだ様子見を続けたらいいのでしょうか?

まるさん、こんにちは。

妊娠検査薬は、その感度にもよりますが、実際に妊娠が成立して概ね10日間位を経過しないと陽性にはなりません。
妊娠がないことが確実であれば、ホルモン剤で周期を戻してやることが必要になります。

[ From Voyatzky院長 ]








[596] なな [能美] 2020/09/10(Thu) 16:07
先生いつもお世話になっております。
生理予定日何日か過ぎた後に妊娠検査薬をしたら陽性が出ました。
その場合、生理予定日から何日がに病院へ行くのが良いですか??
あまり早く行って胎嚢が見えないと心配になってしまうし
心拍確認まで待つと子宮外妊娠に気付かないのも不安です。

何日後くらいが、ベストでしょか??

宜しくお願いします。

ななさん、こんにちは。

ご懐妊、おめでとうございます。よかったですね。

いつ、受診されても、それなりにその時点での所見ということにはなりますが、余り早すぎても尿検査のみの所見となってしまいます。
出産予定日の「40週0日」は、排卵のあった日を妊娠第2週0日として計算します。

6週位になったかなと思える位が、最初の受診としてはいい時期と考えますが、いろいろなケースがありますので、絶対ではありません。
きちんと排卵から4週間+経過していれば、胎児心拍が確認できるようになっていることが多いと言えますが、排卵の日もずれていることが多いので、カレンダーのみでは不確実です。

子宮外妊娠(異所性妊娠)は、胎児の心拍すら見えないような時期には診断は困難です。
正常には見えない流産の疑い例を経過観察する内に発見されることがほとんどです。

[ From Voyatzky院長 ]








[595] くぅ [白山] 2020/08/18(Tue) 20:59
先生、はじめまして。
今現在、一人の娘の育児をしております。
将来、二人目を考えておりますが、
その際は麻酔科医の先生のもとで無痛分娩をしたいと考えております。
無痛分娩の際は、費用はいくら程かかりますか?
祝日、休日、夜間など様々な場合があると思いますが
参考にしたいので教えていただきたいです。
宜しくお願いします。

くぅさん、こんにちは。

無痛分娩は、日勤帯での対応の場合で、基本費用(硬膜外麻酔手技料、消耗品、薬剤費、麻酔管理料)として、5万円を申し受けておりますが、
時間外での応需対応、休日、2日目以降に延びた場合などで変わってきます。保険診療ではありませんので、すべて自費扱いとなります。
詳しくは「御出産入院費用の御案内」パンフレットに記載がありますので、希望される場合には受診の際にお申し出ください。

[ From Voyatzky院長 ]








[594] えぴ [北陸三県以外] 2020/08/02(Sun) 06:49
10年前にそちらで出産した際はお世話になりました。
今他県に住んでいて、2人目を妊娠中で妊娠中期です。
先日から子供の夏休みで、実家に帰省しているのですが、
本日朝から喘息気味で息がしづらく赤ちゃんに酸素がちゃんといっているか心配なのですが、このコロナが心配な時期に他県の病院にかかってる妊婦でも薬を処方していただくことは可能でしょうか。

えぴさん、こんにちは。

現在の社会情勢を考えると、呼吸器症状がある方の場合には特に慎重に配慮する必要があります。
今のところ当クリニックではコロナウィルスPCR検査を行える状況にはありませんので、検査自体が必要かどうかを含め、診断可能な医療施設での受診をお願いいたします。
医療者として、大変、心苦しく感じますが、ご賢察いただけますようお願いいたします。

[ From Voyatzky院長 ]








[593] ma [小松] 2020/07/22(Wed) 19:53
先生、こんにちは。
出産の際はお世話になりました。

お産から4ヵ月たちますが、骨盤の痛みがとれず
寝た状態から起き上がる時や椅子から立つ際に
痛みがあり歩きづらいです。

何か対処方法がありましたら教えていただけないでしょうか?
またあまり痛みが長引くようなら病院へ行ったほうがいいでしょうか?

お忙しいとは思いますが、よろしくお願いいたします。

maさん、こんにちは。

4か月たっても痛みが取れないというのは、これから抱っこも重くなってきますのでつらいと思います。
妊娠、出産で緩んだ腰、膝、骨盤の靱帯や関節は、通常、産後3か月位までの産褥と呼ばれる時期が終わっていくにつれ、自然に元に戻っていくことが多いのですが、よほどダメージが大きかったか、養生時期の無理が響いたか、のどちらかではないでしょうか。

通販などで手に入る骨盤ベルトでの矯正で負担を軽減し症状の改善が見られるようならいいのですが、最悪の場合にはコルセット固定を要します。専門医の診察を受けられることをお奨めしたいです。
こうすると痛みが走る、痛みが出るといった身体の動きは状況を悪化させます。痛みを感じる動きを避けるようにすべきです。
ご自愛ください。

[ From Voyatzky院長 ]








[592] まるまる [能美] 2020/07/21(Tue) 16:06
先生こんにちは^ ^
出産の際はお世話になりました。
手取川クリニックでは子宮卵管造影検査はできるのでしょうか??
教えていただきたいです。

まるまるさん、こんにちは。

子宮卵管造影は、今まで普通にお受けしていた検査でしたが、無痛処置などが増え検査枠の時間を取ることが難しくなってきたため、現在では原則としてお受けいたしておりません。
不妊治療に関しては、甲状腺なども含めたホルモン検査や卵胞チェックなどのタイミング療法までとさせていただくことが多くなりました。
近隣に優秀な不妊治療施設が複数ありますので、難しいケースではお任せする方が優しい医療だと考えています。

[ From Voyatzky院長 ]








[591] りーゆ [能美] 2020/06/27(Sat) 21:57
現在、降圧剤のアジルバ錠を飲んでいます。
妊娠予定はなく、避妊をしていましたが妊娠の可能性が出てきました。
といっても、まだ検査できる日数ではないですがつわりっぽい症状があります。
妊娠ではないかもしれませんが、心配です。

アジルバ錠は遅いかもしれませんが確定するまで飲まない方がいいですよね?

また、インターネットにはアジルバ錠を妊娠初期に飲んでいたら奇形流産の可能性が高いとありました…。
実際それはかなりの確率なのでしょうか…。教えていただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

りーゆさん、こんにちは。

出産を考えておられるという年齢ですので、降圧剤をすでに服用されているというケースは少ないと思われます。
アンギオテンシンU受容体拮抗薬(ARB)のひとつであるアジサルタン(商品名アジルバ)は、本態性高血圧では、第1選択薬であり、治療としては一般的なものです。

(主に)妊娠してから血圧が上昇し問題になる妊娠高血圧症候群では、カルシウム拮抗薬の一部や血管拡張薬の一部などで妊娠中の安全性に問題のない適応症を獲得している薬剤が使われます。このARBは妊娠中には使わない方が良いと考えられる薬剤です。赤ちゃんが大きくなってからでも胎児への影響は大きいと考えられます。

妊活中には妊娠してさえなければ通常の内服で問題がない訳ですが、いつ妊娠したかがわからないため、妊娠したらやめようと思っていても、期間が被ってしまうことはよくあることです。ARBでは、生理が来たら排卵までは服用してといった飲んだりやめたりは適切ではありませんので、血圧の程度次第ですが、なんとか内服をやめることができるか、そうでなければ妊娠していても心配の少ないお薬に変更するのが現実的です。薬剤量を減らすという意味では、生活習慣はさらに重要になってきます。

一般論ですが、薬剤の細胞毒性が胎児、胎芽に及んだ場合には、ごく初期では致命的となって流産に終わる場合が多く、6〜13週あたりになってくると妊娠中の胎児生命維持には直接は問題がないような(お腹の中で10か月生存の可能であるような)先天異常、先天奇形につながるということになります。それ以降では、胎児の機能への影響の問題が出てきます(あくまで一般論です)。
実際の場面では、「感情的な心配>現実的な心配」となっていることが多く、極めて重大な問題が出ることが明らかな一部の薬剤を除いては、数学的な確率は高いものではないと考えても良いと言えますが、大丈夫な訳ではありません。できるなら、避けなければならないのはいうまでもありません。

[ From Voyatzky院長 ]








[590] A [能美] 2020/05/30(Sat) 16:02
先生こんにちは。1人目2人目の出産の際お世話になっています。
今妊活をしておりますが、なかなか授かりません。
タイミングを見てもらいたいのですが、生理前、生理後いつ受診した方が良いのでしょうか??
またタイミング法を始めるに至って最初の検査はどんな検査をするのでしょうか??
最近基礎体温を測り始めたのですが、まだ3ヶ月分とかのデータがないのですが受診してもよろしいのでしょうか??

Aさん、こんにちは。

比較的排卵があることが確実そうな場合なら、タイミングをみるとことから始まります。
基礎体温データを持って、生理開始日を「ゼロ日」と数えて、12〜13日目あたりに受診してください。
基礎体温は、携帯アプリなどで付けておられる方が多いですが、前後の比較や、かぶせてみる場合にスクロールが見にくいため、アナログですが、紙記録の方が見やすいです。

[ From Voyatzky院長 ]








[589] なつみ [白山] 2020/05/29(Fri) 11:57
低容量ピルで避妊しています。
3ヶ月前に子宮頸がんの検査で、軽度異形成の診断をされました。
HPVハイリスク型との事です。
このままピルで避妊を続けても問題ないのでしょうか?
ちなみにお互い性病検査は受けており、性的なパートーナーは自分たちしかしないので、性病の心配はありません。
よろしくお願いします。

なつみさん、こんにちは。

HPV(ヒトパピローマウィルス)には、多くの型(100種類以上)が存在し、その中の20種類程度が子宮頸がんの発症リスクになると考えられています。このウィルスが男性に感染した場合には、陰茎がんのリスクの可能性を言われていますが、現状では症例も乏しく、疫学的にはっきりしたエビデンスがありません。
現状では大きな心配はないと考えて差し支えないと思われます。

[ From Voyatzky院長 ]








[588] あお [白山] 2020/04/15(Wed) 10:09
この度こちらで無痛分娩を希望しているものです。
他県の産婦人科の話ですが、コロナウィルスの影響で
無痛分娩に必要なものが入手しづらくなってしまい、
無痛分娩ができなくなった病院があるそうです。
貴院でもそのような可能性はありますでしょうか?

あおさん、こんにちは。

無痛分娩の物品に関していえば、直近では大きな問題はなさそうです。
ですが、問題はそれだけではなく滅菌シーツやガーゼなどがやや入手しづらくなっており、怪しくなってきている物は気になります。
アルコールやマスクなど消費が著しく増大して入手困難な物もありますが、製造会社のスタッフ、輸入の問題、流通の問題などもあり、どこかに在庫があれば手に入るという状況でなくなってきているということも考えなければいけません。

物があれば良いかというとそうばかりとも言えません。
スタッフは、家族も含めて、他の社会、学校などともつながっています。直接の感染者や濃厚接触者が出ていなくても、スタッフの自宅待機が必要な場合が出てくれば、小規模なクリニックではすぐに体制が破綻します。子供をみてくれる環境もありません。
いずれ、どこかの産婦人科ではそのような事態になり、産婦さんの受け入れができないなどということが起こりそうです。
人とベッドがあっても出産に必要な物品がなければ受け入れることはできませんし、ハードとソフト両面の問題が出てきます。
もちろん、産婦人科だけではなく、他の診療科でも同じです。
できることはしていきますが、どこまでできていくのかは不透明です。

[ From Voyatzky院長 ]





記事No 削除キー

- Assisted by KENT Web -